生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

腹筋ローラーコレクター

今日は消化器病学会の地方会に参加した。大分涼しくなってきたが、スーツを着るとやはり暑かった。

部長に無理から演題を出すように言われたしょーもない学会発表より、ゲラルトになりきっている僕はヴェレンやノヴィグラドを駆け回るほうが重要であり、早く伝説級のウィッチャー装備を作りたくてうずうずしている(笑。

前も書いたように野球場で柔道をしてきたが、準備が適当だったため、質問にも結構適当に答えてしまっていた(質問の内容自体、発表で言っていたことだったけど)。

その後、指導した後輩の演題を2題見た。発表自体は大きな問題なく終わったが、2題ともややねちっこい質問が来た。共同演者ですといって出て行きかけたが、ぐっとこらえた。自分の発表とかぶるため、間に合わない時にはバックアップを部長に頼んでいたが、部長は動かざること山の如しだった(笑。

ランチョンにも出ずに会場を後にし、病院で作業をした。学会発表打ち上げ兼長男、長女のプールの進級祝いで、夜にご飯を食べに行った。500g以上のトマホークステーキを頼んだが、子供たちの食欲は旺盛であっという間に無くなった。

 

先日の当直中に腹筋ローラーをした。その時にとった写真。

f:id:mfuku4585:20170923142629j:plain

手の甲の毛が醜い(笑。病院に置いているが、簡単に分解できるので、旅行にも持っていくことができる。JDDWにも持っていく予定。

立ちコロ10×5セットの後、カンファ室で裸になって、誰か入ってこないかとびくびくしながら、腹筋のチェックをしていた。遠くから見ると、荒が消えていい感じ。

 

その他、腹筋ローラーは家に3つある。

f:id:mfuku4585:20170923142651j:plain

一番右の物は一番最初に買ったやつで、オーソドックスな物。10年以上愛用しているが(といってもガチで使いだしたのはここ最近)、いまだに現役。

真ん中の物は横に広げれば胸筋も鍛えられるという触れ込みにひかれて買ったが、横に広げると肘が痛いため、結局普通の使い方しかできない。バランスがとりにくく、上級者向けと思われる。

一番左の物は、今までの腹筋ローラーより負荷が強いという触れ込みで買ったが、むしろ一番負荷は軽い。それゆえ、一番深くまで押し込めるので、最近はこれを愛用している。分解できるので持ち運び可能と書いてあったが、これは持ち運びしたくないわ。

昨日久々にドラゴンフラッグをやったが、やはり肘に大きな負担がかかるので、数回に留めておいた。トレーニングを一旦休まないと治らないかもしれないが、ここで休むとまたやらなくなる可能性があるので、なかなか休めない。

 

最近この本を買った。

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • 作者: ポール・ウェイド,山田雅久
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

英語版は持っていたが、仕事以外で英語読みたくないなあと思い放置していた。今日も学会の帰りの電車で読んでいたが、なかなか面白い。表紙のビスケットオリバが若干恥ずかしいけど、気にせず読んでいた。

自重トレーニングがレベル1から10まで部位別に分けられているが、レベル10をこなせる部位は一つもない。プランシェやマッスルアップができたらかっこいいなとは前から思っていたので、頑張ろう。

 

今日の体重は76.8kg。最近77㎏前後になった。筋肉で増えたと信じたい。

 

年収にこだわる人の話を聞くと、昔の合コンを思い出す

先日、妻が長女の担任に「はるかちゃんはよく食べますね。」と言われたらしい。長女に給食何回お代わりしたん?と聞くと、「5回!」と毎回言う。本当かうそかわからないが、本当だったら家で食べさせてないみたいなんで止めてほしい。

この前の3連休に家族5人で回転ずしに行き、次の日長女と長男をつれて吉野家に行ったが、合計支払額が10000円を越えた。俺が出してやるわとイキッて言ったが、後悔した。

安く上がるはずの店で、どんなけ食うねん。5回お代わりもあながち嘘ではないな。長男は最近腹が出てきているし、ちょっと制限せねば僕の小遣いがどんどん寂しいことになってしまう

 

只今当直中。少し寝ることができた。原因不明の腹痛だが経過観察目的で入院させてほしいとコンサルトがあった。原因不明なんて下品なアセスメントだなと思わず色々言ってしまったが、めんどくさくなって入院させた。

人間の体は算数のようにすきっと答えが出る問題よりも、わからないことの方が多いと医師になって常々思う。息子につるかめ算を教えていて、人間の体もこんなにクリアーカットに答えが出る問題ばかりなら楽だろうな(つまらないだろうけど)と思ってしまった。

僕が小6になって塾に通いだした時に初めて強い衝撃を受けたのがつるかめ算だった。なんだこれは、学校ではまったく聞いたこともないぞとある意味感動した。もっとも今は教えていて、X、Yを使いたい衝動に駆られるが(笑。

 

こんな記事を読んだ。

www.yomiuri.co.jp

 

相手に高収入を求めるのは間違ってはいないが、それをうまく隠さずに前面に出してくると興醒めする。どうせなら年収1億以下はカスと言って突き抜けてくれれば、逆に清々しいが。

こういう話を聞くと、学生時代の合コンを思い出す。3vs3の合コンで、そのうち2人と連絡先を交換した。そのうち1人(Aとする)と仲良くなり後日聞いた話だが、もう1人の連絡先を交換した子(Bとする)が「医者ちゃうかったわ、学生やったわ。ごめん。」と合コン開始直後に謝ってきたらしい。AさんとBさんは友達ではなく、合コンがある時だけBさんから連絡が来るらしい。

Bさんからは、また合コンしよう、今度は先輩の医師を連れてきてと何度もメールや電話が来て辟易していたが、それで納得ができた。

僕らも6回生で、もうすこしで医師になるのだから、青田刈りすればいいのに(外見が好みでなかったので僕はいかないけど)と思ったが、思惑が露骨に透けすぎてげんなりした。

Bさんはこんな感じだったが、Aさんには「あなたはいい人だけど、医者になるのが問題だ。」と言われた。結構苦労してここまで人生を戻してきたので、僕としてはそう言われてもなあ~としか言いようがなかった。何回か遊びに行ったが、結局付き合わなかった。

 

自分を高く売ろうとするのは当たり前だが、それには色々やり方がある。優香さんが40代の男はなしと言っているのに、なぜか傷ついてしまった40代のおっさんに言われたくないだろうけど(笑。

僕は逆にお金持ちのお嬢様には腰が引けてしまう。一度後輩の紹介でお金持ちのお嬢様と会ったことがあるが、美人で悪い人ではなかったものの、会話の節々でずれを感じ(自家用クルーザーって言い出した時は椅子からずり落ちそうになった)、一度だけ食事をしたのみで、それ以降のお誘いはお断りした。やはり分相応というものがある。

 

あと少しで当直も終わる。今日の午後はduty freeなので、午後には帰ろうと思っている。明日は地方会の発表だが、まだ数回しか一人予演をしていない。

最後の夏休み

今日は1日残っていた夏休みを使って妻と食事に出た。こういう時は妻に店の選択を任せており、妻が調べてきた店へ。

開店数分前に着いたが、既に待っている人がいた。平日の昼で決して安い店ではないのに、すぐに満席となった(こじんまりとした店だが)。

ステーキのセットを頼んだ。とても美味だった。

f:id:mfuku4585:20170915222328j:plain

久しぶりに平日の町をぶらついて帰宅した。

 

今週は仕事が忙しかった上に、ウィッチャー3が面白く、結局睡眠時間を削ってやってしまっている。学会発表も迫っているが、こちらは正直やる気がしない。部長に無理から出せと言われて演題を出したが、地方会にはありがちな、なんでも出せそうな主題で、皆が野球するぞ~と言って集まっているのに、僕だけ柔道着を着て参加しているくらい違和感がある。

他に少しベクトルがずれている人もいるが、それでもバスケやサッカーの格好はしており、球技の範疇は外れていない程度だ。登壇してのディスカッションもないし、終わった瞬間に帰ろうと思っている。

昨日予演をしたが、さらっと終わった。僕の自涜としかいえない発表だ(笑。

 

こういう中毒性の高いゲームがある時は、することがない時間を貯金しておいて、自由に使えないかな?と小4の息子とためをはるレベルの妄想をしてしまう。あとドラゴンボール精神と時の部屋もあればいいなと思う(これも息子と同レベル)。

僕自身、理科では生物があまり好きではなく(医者にはあるまじき)、物理化学のほうが好きだったが、息子もその傾向があるようなので、将来はそちらの方向にすすんでもらい、ドラえもんの開発をしてもらおう。

しかし、睡眠時間が短くなると、パフォーマンスが落ちる。CSの調子は悪い。マーキングにてこずるような噴門直下のESDもやったが、だいぶ難渋した(これはパフォーマンスに関係なく、いつやっても難しいと思うが)。

 

今週CSをした人で、俺は痛みに強いから痛み止めはいらん、抜歯も麻酔なしでやっているという人がいた。親知らずを抜歯する際、麻酔下でも悶絶したばかりであり、それは絶対嘘やと皆で突っ込んだが、本人がそう言うのならと麻酔なしで行った。

肛門に挿入した際、いきなり血圧が180まであがり、大腸内視鏡の時はいつもあがるんやとおっしゃり、あまりぐいぐい押していないにもかかわらず、痛っ、痛っと所々で言っていた。

‥やっぱりネタふりだった。鎮痛剤使えばいいのに。これでそんな痛かったら、ほとんど抜けかけてた歯ならともかく、麻酔なしの抜歯絶対むりやで。

 

今日の体重は75.9㎏。肘が痛くて、普通のカールはできないが、ハンマーカールはできる。ハンマーカール後のパンプアップした腕を測定したら37㎝だった。36㎝を越えたのは初だ。

ゲームができる散髪屋があれば行く

今日は夏休みの同僚が5人と多く、勤務時間帯は忙しかった。午後は救急当番のバックアップだが、ファーストの専攻医が休みであり、誰にも交代を頼んでいかなかったため、僕がファーストでやることになった。

数年前まではファーストでやっていたが、年数がたつにつれて苦痛になってきていた。救急対応だけではなく、雑用も色々言われる(他科の内視鏡のオーダーや緊急性の低い出張内視鏡など)。

直腸穿孔の疑いがある人がいるが、パンペリというほどの腹部症状がなく、昨日手術をしており、CTで腹部にairがあるが、free airかどうかよくわからないため、大腸内視鏡で見てくれとコンサルトあり。

緊急で大腸内視鏡を行うと直腸に大きな穴が開いていた。自分で開けたわけでもないのに、自分で開けた時のようにアドレナリンがびゅっびゅっと出てきた。ガストログラフィンで造影して腸管外が造影されたことを確認して速やかに終了した。

 

昨日大腸内視鏡をした人に、先生の髪は本当に素敵と褒められた。外来で診た時も同じことを言われ、パーマ当ててるの?と言われたが、何もしていないので、そのまま答えた。ま~、天然なの、いいわね~、女性から羨ましがられるでしょと言われたが、今まで言われたことはないので正直戸惑った。

僕は猫っ毛で髪が柔らかく、左の髪に癖があって、確かにパーマのようになっている。正直僕は僕自身の髪質が好きではない。もみあげも少し伸びただけで、ふざけた貴族のようにくるんと巻いてしまい、ごっつい間抜けになるし、今ではましになったが、高校の時はすぐに髪がペタンとなってしまい、毎日髪型が定まらなかった。幸い、毛量はあるが、白髪は若いころから多く、今も染めないと真っ白になるだろう。

 

昔はトップガンアイスマンのような髪型に憧れていて、散髪屋でこんな髪型にしてと言ったこともあったが、僕の髪質では無理だと言われた。

f:id:mfuku4585:20170906180647j:plain

アイスマン。今見てもかっこいい。

 

無理だと言われたが、ムースを使って何とかしていた時代もあった。これがあったからではないが、僕は昔から散髪が嫌いだ。多分何もしないでボーっとしている時間が耐えられないのだろう。

先程の人に、美容院できれいにしてもらっているんでしょう?と言われたが、僕のような陰キャには美容院のハードルは高いし、一度頑張っていったが、散髪屋と違いがわからなかったので、それ以来行っていない。

いえ、行ってませんと答えると、散髪屋?と聞かれたので、嫁が切ってますと答えたら、ほえ~、それでやわ~と言い出した(何がそれでやわかは謎だが)。

結婚してからしばらくは散髪屋に行っていたが、忙しいし無為な時間に耐えられないため、すぐに嫁に切ってもらうようになった。一度息子が馬で蹴られたように、後頭部の髪がざっくり無くなるという失敗をされていたが(自分でやったくせに、また呼吸ができないくらい笑っていた)、幸い僕に関してはそこまでの失敗はされていない(時々、あっ、やばっと言うことはあるが)。

専攻医の頃にたまたま行った散髪屋では、凄い変な髪型にされて(茹で卵みたいになっていた)青ざめていたら、店主が「かっこええわ~、ほんまかっこええわ~、清原みたいやわ~(そのころはまだスターだった)」と不自然に連呼していたが(自分でも失敗したと思い、やばいと思ったのだろう)、そんな陳腐な洗脳にはのっかれなかった。散髪屋の割に4~5000円もとられたこともあり、二度と行かなかった。

 

散髪屋も適当に終わってくれればいいのに、左のくせ毛を直そうと悪戦苦闘して、バッファローにやられているしょぼいライオンの鬣のようにされて、そのまま終わられたこともよくあった。

前に流しておいてくれたらいいのにと言いたかったが、脆弱な若いころの僕は言えず、へらへら笑っているだけで、散髪屋を出て角を曲がって、すぐに髪をぐしゃぐしゃにするのが精いっぱいの抵抗だった。

サイヤ人の用に髪型が変化しなかったらいいのに。ついでに髭や胸毛も生えてこなくていい。

 

今日の体重は75.8㎏。スクワットを軽くした。

ダイエー行きたい~

昨日は日直。先日の当直はAM2時30分に起こされて、入院をきったりなんやかんやであまり寝られなかったが、この日は電話コンサルトが主で落ち着いていた。

カンファレンスの準備をし、病院用兼旅行用に買った腹筋ローラー(3個目)で立ちコロを思う存分した。終わってからジムへ。肩をケガして3週間たったが、まだ少し痛い。びくびくしながら懸垂をしているが、どうしてもパーシャルになってしまう。5月に買ったエアーサロンパスが無くなってしまった。

 

普段仕事が終わって家に帰る時に電話すると、たいていは長女が出る。今も小1でまだ小さいが、幼稚園の頃は「もちもち~、はるちゃんだよ~。」と言って出てくれていた。

しかし、最近は「もしもし~、ダイエー行きたい~。」としか言わず、名乗りもしなくなった。お父さんは、はるちゃんだよ~って言うのが好きだから、言ってというが「ダイエー行きたい~。」しか言わない。で、行かないというとじゃあね~と電話を切られる。切る瞬間に、後ろで自分も電話に出たかった末娘が怒っているのが聞こえるのもいつものこと。

世のお父さんは娘に甘いというが、僕も例外ではないようで、早く帰られた日や週末は高頻度で近くのダイエーやスーパーに連れていき、色々買わされている。最近はアイスを良く買っているが、ハーゲンダッツの香る珈琲バニラにハマっている。期間限定らしいが、ずっと売っていてほしいものだ。

息子と土曜日のプール後にココスに行くのが習慣になっているが、高頻度で行くのでポイントがたまり、今は10%引きの権利を持っている。

‥僕のお小遣いのほとんどは子供たちの食糧に消えていっているのは気のせいではないようだ。

 

しばらくゲームをしていなかったが、ドラクエ11が出てまたやり始めた。面白いのは面白いが、睡眠時間を削ってやるほどではなかった。しかし、少し前にクリアしてしまった。これでまたしばらくゲームをしないかなと思っていたが、以前クリアしたウィッチャー3にまたはまっている。

DLCが出ているのを最近知って、じゃあやってみるかと思い、また最初からやり始めたが、やはり面白い。とはいえ、流石に2回目なので、以前のように睡眠時間を削ってやるほどではない。

もっともここ数日は世界柔道が面白くて、そちらで寝不足だけど(笑。柔道は高校の授業でやったくらいだが、昔から見るのが好きだ。「柔道部物語」は学生時代の筋トレ時のモチベーションアップにかなり役立ってくれた。

 

‥しかし、僕は何歳までゲームをやっているのだろう。多分一生やってそうだ。今週内視鏡室の1年目ナースに「先生は夏が似合いますね」と言われた。中身を知っている僕は意表を突かれて、えっ、そう?、でも実際、かなりインドアやでと答えた。本当にそうなのだから仕方がない。嫁にこの話をしたら鼻で笑われた。自分でもわかっているけど、なんかいらっとした(笑。

 

今日の体重は76.2㎏。今日は肩の筋トレとスクワットをやった。最近HIITはサボっているが、もう一段階腹筋をわりたくなったら再開しよう。

健康診断→大腸ESD→当直

今日は当直。一人入院させ、一人胃の異物を取った。またまたPTPの誤飲。他の検査が終わっておらず、開始まで2時間ほど待たされたが、処置時間は5分に満たず。

胃まで落ちてたのでほっとくかとも思ったが、簡単に取れそうなので取った。飲み込まないように2錠で一つになってるから、切らないで下さいよと注意しておいた。

 

昨日の外来は結構多く59人だった。一人キャンセルしていたが、どうせなら来てもらって、切りよく60人にしたかった(笑。50を越えると流石にしんどくなってくる。判断力が低下してくるが、なんとか5時前に終わらせた。

 

今日は大腸のESDがあった。横行結腸のLSTで、ポケットを作るべきだったが、粘膜下層が分厚く見えたので横着したら、案の定途中から苦しくなってきた。切除は可能だったが、回収時に標本を吸引してしまい、スコープ内に残っていたが、ばらばらになってしまった。折角一括切除したのに。一応吸引ボトル内も確認したが、かなり切ない作業だった。

 

f:id:mfuku4585:20170829230449j:plain

今日は午前中に食道狭窄のバルーン拡張やEISLを手伝った後、健康診断へ。検尿があるため、膀胱が破裂しそうになりながら検査をしていた。去年の検診では体重80kgだったが今回は76kgであり、減ってますけど大丈夫ですか?とまた聞かれた。

体重やウエストが増えた時に、増えてますけど大丈夫ですか?と聞かれた時は、大丈夫ですかってなんやねん、あかん言うたら減らしてくれんの?とぷりぷりしたが、逆の場合は現金な物で「ええ、ダイエットしてますから。」とちょっとどや顔で答えていた。気分はよかった。

エストも同様で去年は91cmだったが、今年は84.5cmとメタボの基準を漸く下回った。身長や体格の要素を全く考慮していないこの基準には全く賛同できないが、それでも越えていると不愉快だったので、こちらもすきっとした。こちらも減ってますけど大丈夫ですか?と聞かれたので、同じように答えておいた。

前も書いたが、太った?と言う人は、痩せた?も言うべきだと思う。ほとんどの人はどちらも言うか、どちらも言わないかだが、数人太った?しか言わない人がいる。正直、そう言う人は嫌いだ。どっちも言わないほうがよっぽどまし。

検診で上の絵のような聴診はなかったし、僕自身聴診器を使うことはぐっと減った。若いころはERで見てかっこいいなと思ったラパポートを愛用していたし、今もリットマンのマスターカーディオロジーを持ってはいるが、重いので置きっぱなしだ。

 

先日妹からメールが来た。知り合いがある病気になったが、今かかっている病院の医師の評判をしらないか?と。

‥こういう質問は正直困る。自分の領域の疾患であればアドバイスの仕様もあるが、他科疾患であり、しかも他所の病院のことなど知らない。テレビでやっているスーパードクターにでも行けばいいといいそうになったが、流石にそれは止めておいた。

他科のことだし、他所の病院のことはわからないが、納得いくまで説明を受け、納得できなかったら病院を変わることを検討しろというに留めた。最近はネットが普及しており、リテラシーは必要だが、ある程度の情報は手に入る。

特別珍しい病気でない限り、治療は大体標準化されている。某大学病院のように死亡例が相次ぐこともあるが、あれは特殊ケースだと信じたい。

 

今日の体重は76.6kg。検診の体重で服を着ていたが、家で計っているように裸になりたい衝動に駆られたが、くびになるので止めておいた。

カタルシスでコーティングした愚痴

今日は大腸ESDを行った。諸事情で輸血ができず(こういう人は大体僕に当たる。下っ端の辛いところ)。

ESDが必要そうなLSTが2個あり、その他小さなものが4個あるという触れ込みだった。小さなものは外来で処置可能だが、輸血できないためリスクを冒したくなかったのか処置されず。

入院前に検査を行った医師は、入院でとろうが、外来でとろうが、出血のリスクは変わらんと普段言っている。ESDの担当を決めているのもその医師なので、どうせESDで僕におしつけて、残りも取らせようとしたのだろう。

大腸ESDをメイン術者としてやっているのが、僕とその医師だけであり、それゆえ大変さを分かっているはずなので、ESDが必要そうなポリープがあればこそ、小さなものは前もって取るべきだと思うが。

とことん、リスクを冒したくないのだろう。この話を後輩にしたら、あーやりそうっすねとのことだった。普段からこの調子だ。

 

本日大腸内視鏡をしてみたら、2つ見逃されていて合計8個あった(イライラがさらにました)。1個は小さいので生検で済ませ、ESD必要そうなLSTの一つはなんとかEMRで一括切除し、もう一つはESDで切除した。その他5個はEMRした。

出血を出来るだけ避けたいため、EMRした部位はクリップをいつもより多めにし、ESD部はしっかり焼灼した。

 

カタルシスはやはり偉大だ。書くだけで結構すっきりした。ついでに土曜日の日直のことも書いておこう。明らかに他の疾患が重篤であるのに、わかりやすい消化器症状だけをクローズアップして消化器内科入院を言われたり、日直終了3分前に検査がそろっていないのに入院の電話を研修医がかけてきたり(出ていない検査は異常値に決まっていると言い出した時は叱りつけようかと思った。結局その検査は正常であり、しかも消化器疾患よりも他に重篤な疾患があり、他科で入院となった)と、いーっと言いたくなる日直だった。

 

日曜日は午前中歯科へ。ゼリーと麺類(屁をこいた時、末娘が「臭い。ラーメンばっかり食べてるから。」と言っていた)でしのいでいたため、苦痛も強くなく、傷もきれいに治っているとのことで抜糸となった。まだ少し疼くが、痛みも大分ましになった。

午後はマリンバコンサートへ。長女も出演することになっていたが、始まるまで時間がだいぶあるため、長男と末娘をフードコートに連れて行き、飯を食わせた(僕はまたラーメンを食べていた)。その後、本屋で本を買わされ、ゲームセンターでUFOキャッチャーに寄付をし(大きい人形を狙っていたら、末娘に大きいのは無理だよ~と言われた。案の定全く取れなかったが、横で若いおねーちゃんがでかい人形を取っていた)、会場へ向かった。

 

500人以上入る会場は80%以上埋まっていた。結構すごいなと思い、席に着いた。後ろの席のおばちゃんたちは大きな声でどうでもいい取りとめのない話を延々続けており、イヤホン持ってくればよかったと思うくらいだった。

聞きたくないが、耳に入ってきてしまう(笑。聞き捨てならなかったのは、小さい子たちが最初に演奏するみたいよ、あ~あみたいなことを言いだしたこと。すいません、その中でも一番小さいのはうちの子ですと思ったが、同時にいらっとした(笑。

演奏が始まると流石のおばちゃんたちも静かになった(帰る時にみたら爆睡していた。小さい子の演奏は聞く価値ないんですか、そーですか。もっとも僕も娘の演奏が終わったら帰ったけど)。

今回は数人で同時に演奏していたが、家では失敗しまくって嫁にしょっちゅう怒られている娘だが、本番に強く、全く失敗せずに演奏していた(娘いわく、家のマリンバは小さくてやりにくいとのこと)。よく頑張ったので、帰りにケーキを買って帰った。

 

夏休みボケがいまだ治癒せず。来年5年生になる息子は塾が忙しくなるため、家族で旅行するのは難しい。長女が以前からディズニーランドへ行きたいと言っており、香港ディズニーランドのパンフレットを貰ってきた。

そこで二人で行くかという話になり、来年香港に行く予定となった。本当は家族全員で行きたいけど。その方が楽しいし。へたれだから嫁がいないと不安だ。

 

末娘が生まれた年は、息子と二人でレオマワールドへ行った。いやあ、息子の楽しそうだったこと楽しそうだったこと。その時の写真。

f:id:mfuku4585:20170822191659j:plain

あれ? こんな顔してたっけな? 前、香川出身のナースにレオマワールドに行ったと言ったら、あー地元の人は誰も行きませんけどねと言われた。

‥道理でめっちゃ空いてたわ。うどん美味しかったからいいけど。

 

今日の体重は75.7㎏。肩がまだすっきりと治らず、思いっきり筋トレができない。懸垂もこわごわやっているが、少し痛い。意外とディップスは大丈夫なので、今日25㎏負荷をかけてやってみた。