生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

改めて恐ろしいことをやっているのだなと痛感した

www.asahi.com

不幸な出来事だ。ERCPは僕自身も何百例と行っているが、幸い死亡した人はいない。しかし、ERCP後の重症膵炎は頻度こそ高くないが不可避だ。当院のERCPの同意書には死亡する可能性は書いてあるし、もちろん説明もする。

この記事だけでは詳細がわからないが、確かに胃悪性リンパ腫でERCPをする理由がよくわからない。リンパ節が胆管を圧排して閉塞性黄疸にでもなったのだろうか?

消化器内科は内科の中では侵襲の高いことを行っており、偶発症で患者さんが亡くなることもある。当科でも死亡事故ではないが、1件訴訟を抱えている。幸い、僕自身は訴訟の対象となったことはないが、偶発症をおこした時に責められたことは何回かある。医療ミスと偶発症を同一視されることは珍しくない。

偶発症や医療ミスに備えて掛け捨ての医療保険を毎年かけている。決して安い額ではないが、万一訴訟になった時に莫大な額を請求される可能性があるため、そこをケチるわけにはいかない。

‥しかし、色々金がかかって仕方ない。今年は肝臓専門医の更新年であり、3万円払いなさいと請求書が来た。たっかいわあ。あんな無駄に立派な免状いらんから、もっと安くしてくれへんやろか。

 

金曜日は手術室で他科の手術を内視鏡でアシストした。親父は外科医だが、僕は手術室の雰囲気が好きではなく、ポリクリで外科系は無いなと思った(体がごついので整形外科や消化器外科を回った時に勧誘されたけど)。時々、内視鏡のアシストや偶発症をおこしたときの手術で手術室に行くが、今となってはそこまで嫌でなく、ドラスティックに良くなる外科もありだったかなとも思った。今更遅いけど(笑。

しかし、手術に呼ばれるのが何時かわからず(昼頃とだけはわかっていたけど)、また途中でトイレにも行けないため、昼食を食べずに待っていたら、手術が終わった3時過ぎまで食べることができなかった。幸い、バレンタインのチョコがたくさん置いてあったので、血糖だけでも上げておこうと思ってパクパク食っていたら、上がりすぎたのか体がだるくなった。

アシスト自体は結構楽しくて、時間がたつのはあっという間だった。でも、途中で抜けやすい内視鏡の方が僕にはあってるようだ。

 

今日の体重は78.4㎏。今日はジムで久々にベンチプレスができた。しかし、月に数回しかできないので重量が延びない。学生の頃みたいに自宅にベンチ台を置きたいが、嫁が許してくれないだろうな(部屋に置けと言われそう)。

今日も病院に行ったが、明日もカプセル内視鏡読影に行かないといけない。時間外はしっかりつけてやる(笑。

医師国試合格率は90%前後だけど、そんなに簡単ではない

f:id:mfuku4585:20180215235805p:plain

 

今年から医師国家試験が3日→2日になったらしい。記憶があやふやだが、僕が受けた年の数年前に2日から3日になったと記憶している。

確かに3日は長かったし正直だれた。90%以上受かるし、正直落ちるわけないと高をくくっていたので(これを書くと簡単な試験だと誤解されるが、決して簡単ではない。対策をしっかりすれば受かるというだけで、何も勉強していなければ落ちる)、緊張感もあまりなかった。前の席の者が数秒おきに「んっ、んっ」と言い続けていて、かなりいらいらしてペースを乱されたけど(笑。

2日に戻したのはいいことだと思う(内科専門医試験は1日でも結構疲れたので2日でもしんどいだろうけど、通常はみな若いので大丈夫なはず)。今、あるサイトの国試に挑戦という問題をやっているが、結構間違えている。今受けたら、間違いなく落ちるだろう。内科は解けても、他科の問題がわからない。

 

昨日はバレンタインデーだった。関係のある部署が科にまとめてくれるチョコが医局やカンファ室に大量にあり、ついつい食べ過ぎてしまう。患者さんやナースからも貰ったが、娘たちが作ってくれたクッキーが一番嬉しかった。

‥昨年のクリスマスにおもちゃのチョコメーカーを買ったが、なぜそれを使わなかったかは謎だけど(嫁にそう言うと、「あーほんとだね~」と言っていた)。

 

息子は、返すのが面倒だからいらないと言っているが、貰えない僻みではないことを願っている。親から見て顔も悪くないし(妻の友達数人が「顔はいいんだけどねえ‥」と言っていたらしい)、優しい子なのだが、いかんせん幼すぎる。

‥今もらうよりもっと大きくなってからもらう方が大事だから気にするな。お父さんも小中は身内からしかもらったことはない。

そう声をかけたが、そういや幼稚園の時にあいつ貰ってたな。大好きなんて手紙までついてたわ。

‥なんか、みじめになってきた。

 

昨日は大腸のESDを行った。とりやすいものは専攻医に当たることが多くなり、難しいものがスタッフに当たる(と振り分けている医師が言っていた)らしいが、Bauhin弁上で確かに難しそうだった。

開口部にかかった部位が切れれば勝ちかなと思いまずそこを切ったが、なんとか切ることができた。その後はS-Oクリップを用いたおかげでスムーズにいき20分ほどで切除できた。これまで介助でしか使ったことはなかったが、S-Oクリップは優れものだ。今まで病変下にもぐりこむのに苦労していたが、このクリップのおかげで全く苦労しなかった。

今日は小腸出血のDBEを行った。謎のポリープが複数あり、そこからoozingしていた。高いクリップをふんだんに使って止血した。久しぶりに緊急ERCP(術後胃でない)があたったが、後輩がサクッと胆管選択したので、僕は介助をしたのみだった。

 

今日の体重は78.3㎏。チョコ食べ過ぎて胃がもたれ気味。肘が不安なので懸垂とディップスを軽めに行った。

レジェンドで画像検索したら車ばかり出てきた

末娘の具合はよくなってきたが、今度は長女が熱を出した。幸いすぐ解熱したので、インフルではなさそう。

インフルBはあまり高熱が出ないようだが、確かに末娘も38℃前半どまりであり、思ったより元気で食欲もまあまああった。これって感染力の強いきつめの風邪なんじゃ?と医者にあるまじき感想を抱いてしまった。

子供たちには申し訳ないが、彼女らのインフルや風邪をだしにて土曜日に部長に参加するように言われたまったく気乗りしない研究会をサボることができた(笑。ありがとう。

息子は元気で、土曜日の昼食(スイミング後)はかつ丼とそばを食べ、夕食(塾後)は天下一品でチャーハン定食(もちろんこってり)を食べた。今日は昼にハンバーグを食べ、足りないといって喫茶店でサンドイッチとパフェを食べた。

‥金がかかってしょうがない。

 

今週は仕事はそこまで忙しくなかったが、人間関係でややうんざりすることがあった。思い出したくないのであまり細かく書かないが、実力の自己認識と他者からの認識の解離に振り回された。目が曇ると自分の実力が見え無くなり(黙って尻ぬぐいしているから本人は気づかないのだろうが)、過信してしまうことはよくある話だ。勿論自分もそうならないように注意しないといけないが。

命に関わる仕事に従事している我々は、できないことはできないと認めなくてはならない。糞みたいなプライドは捨ててしまって、謙虚に内省するべきだと思う。僕ももうできないなと思えば、治療内視鏡は止めようと思っている。

‥よくわからない文章になった。数年どころか、数か月後でさえ自分でも意味がわからないだろう(笑。

 

f:id:mfuku4585:20180211213005j:plain

レジェンド葛西はすごい。同い年だが、まだ一線級だ(最近の若い者はどうなっとるんだといいたくなるが、うざいおやじ丸出しなので止めとく)。僕は10代後半~20代前半の方がぶよぶよ太っていて、バイクに乗る以上の運動はしていなかったし、タバコも吸っていたため、今の方がむしろ健康で体力もある。しかし、ちょっとした運動ができなくなっていたりして(今日ブリッジをしようとしたら肩関節が痛くてできなかった)、年を取ったのだなあという現実を時折突きつけられる。

四捨五入したら50になるのに、オリンピックに出場するレベルまで自分を高めるのは素晴らしい。若いころにできたことができなくなっているだろうに。スキーのジャンプはできたら飛んでいるようで気持ちいいだろうが、何がどうなってもできる気がしない。

 

今日の体重は77.4㎏。まだ寒いのでもう少し増量をするつもりだったが、微減が続いている。今週は肘が痛くてベンチプレスができなかった。

‥加齢か。しかし、早く暖かくならないかなあ。

連戦連勝は言い過ぎだけど、ちょい嬉しい

末娘がインフルエンザBと診断された。月曜日に38度代の熱を出したが、近医の検査では陰性だった。上気道症状もないし、火曜日には一旦解熱したので、ただの風邪かなと思い幼稚園にも行った。しかし、その日の夜に再度熱発し、今日インフルBと診断された。

今のところ他の者は無事だが、ワクチンは僕しか打っていないので(打っててもなる人はなるけど)、感染する可能性はある。今年は流行っていると聞いてはいたが(AにもBにもかかる人もいるとか)、一番小さい子がかかってしまい不憫だ。思ったより元気だけど。代わりに僕がもらってやりたい。病院休めるし。

これまで2度インフルエンザに罹ったが、ごっついしんどかった。一回目は小学生の時で掃除をしていたら目が回りだしておかしいなと思ったら、インフルだった。二回目は大学2回生の時で解剖実習中だったけど休まざるを得なかった。

 

内視鏡学会総会の演題採否の通知が来た。へーへー、どうせ駄目でしょと思いながらメールを開けたら、なんと採択されていた。へっ?と思い、冷静になったら頻脈になっていたことに気付いた。アドレナリンブシャー(笑。地方会のほぼ全通しの(なんちゃって)主題と違って、総会の主題はバンバン落ちるので、素直に嬉しい。

f:id:mfuku4585:20180207214608p:plain

これで主題3連勝だ。いい調子。しかし、ここ最近はだめだろうと思って出したものが通っている。これまではこれはいけるだろうと思って落ちることを繰り返していたが、相変わらず状況判断が甘い。大学入試の頃からそうだ。絶対受かったと思った時に落ちて、絶対落ちたと思った時に受かっていた。

しかし、何が変わったんだろう。n数はまあまあ以前から多いので、それだけでは説明がつかない。ここ最近抄録の書き方が上手くなったということでもなさそうだ。1回は日本で数例しかない症例を2例持っていたので、それで通ったというのはわかるが、残り2回はまとめ物だ。

これまでの違いを強いて言えば、その2回では統計処理をしているところだろうか。といっても我流のなんちゃって統計だけど(笑。しょぼい発表でもp<0.05なんて書いてあれば、それっぽく見える(かな?そんな甘いものじゃないか)。統計処理は下準備がめんどくさいが、やった価値はあった。

今年のJDDWは神戸で日帰りで行けるし(ていうかしばらく神戸が続く)、だせそうな主題が見当たらないので回避する。学会は日常から離れて、その土地の美味しいものを食べて、観光もしてというのがメリットなのに。魅力的なところなら一般演題で出すけど。また北海道でやってくれないかな。次の内視鏡総会は東京だから、そこまで面白くはないが、研修医の時の同期と飯でも食って買い物でもしようかなと思っている。

 

今日の体重は77.3㎏。最近まあまあ食べているのにちょい減りとなっている。今日は下半身のトレーニングをやった。

緊急内視鏡件数は半分だったが、先週よりストレスフルな日直

先週に引き続いて今日も日直。本当は来週だったが、同僚に交代を依頼された。緊急内視鏡は2件と先週の半分だった。

1件は黒色便で緊急EGDを行ったところ、小腸(術後胃だった)に潰瘍、びらんを認めた。1ヶ所露出血管を認めたので、クリップで止血し、入院。

もう1件は血便で、先月当科に入院していた患者。その時のCSで直腸にfistulaを疑う陥凹を認めていたが、今回はそこから出血を認めたため、クリップで止血した。また浣腸のみで行い、うOことの戦いだったが、幸い深部の便は非血性だったので、途中で挿入をやめることができた。

 

で、二人とも入院させたが、二人とも透析患者であった。そのため腎内のDr.に透析について相談し、前者は週明け、後者は本日透析をすることになった。

後者の人は血圧が低いため、師長がICUで透析のみするとICU担当医に連絡しておくと言ってきた(それまでもすったもんだして、僕は師長と腎内Dr.に電話をしまくった。二人で話せばすぐに終わることなのだが。伝言ゲームをしている気分だった)。

ICUは色々やってくれてもちろんありがたいのだが、一旦入ると主科は手を出しにくくなる(研修医がなんかの冊子に、ICUでは主科とぶつからないように対応していると書いていたが、それは嘘で主科はほとんど手を出せない)。

今回は出血による血圧低下であるのは明確であり、止血したのだから自然に上昇するはずと思い、ICU入室を僕は全く検討しなかった。

しかし、それからもすったもんだし、一時的にICUに入るだけなのにMRSAスクリーニングをだせやらなんやら色々言われた。前任地でもそうだったが、ICUのナースは強い。正直あまり近寄りたくはない。いるんかいな?と思ったが、へえへえと出しておいた。

 

最近、色んな病院で長時間労働に対する是正勧告が出ている。うちの病院もちゃんと調べたら相当やばいことになるのは明確であり、最近時間外を減らせ減らせとうるさい。

まずは人員を増やすことと、時間外なしでも他の病院と同等の給料を確保することが先決だと思うが、そのあたりの配慮は一切なくとにかく減らせの一点張りだ。一応、そこそこ名の通った病院なので、黙ってても医師がやってくると考えているのが透けて見える。

以前は早く帰ることに罪悪感を感じていた(病畜の宿痾のようなものだ)が、最近は帰られる日には早く帰ることにしている。そうすることで残業は月100時間を切るようになったが、90時間は越えている。

そのくせ、今日も日直が終わった後に病棟からじゃんじゃん電話がかかってきた。労働時間減らせといわれても、業務時間後に普通に仕事言ってこられたら、そりゃ減らんぞ。医療従事者の敵は医療従事者かと言いたくなった。

 

忙しさでは先週の方が忙しかったが、今週の方がストレスフルだった。こういう時に心の弱い僕は、交代を依頼してきた人を若干恨んでしまう(笑。ちっちゃい人間だ。

早く帰ってゼルダをやりたいのに、結局12時間ほど病院にいた。

最近息子がゼルダの話を色々してくる。どんな形でも会話をするのはいいことだし、子供と共通のことを楽しめるというのはいいことではあるが。

僕は自分の父親と同じ趣味がない(お互い趣味が少ないのもあるが)。同じ職業についているが、それ以外は全く異なる。父親は囲碁のアマ5~6段だが、僕はルールすら知らないし、ルービックキューブを6面そろえる時間を計らされたりしていたが、僕はまぐれで2面そろえるくらいしかできない。僕は本が好きだが、親父はあまり読まないし、ゲームもしない。筋トレどころか運動もほとんどしない(僕も運動はあまりしないけど)。

そんな親父でもベタな父と息子をやりたかったのか、10年以上前、ある病院に行くかどうか悩んでいた時に相談を持ちかけたら、サウナに連れて行かれ、一緒にあかすりをし、飲めないビールを二人で飲んだ。息子と酒を飲むベタをやりたかったのだろう(笑。

 

今日の体重は77.6㎏。今日は日直後ジムに行く予定だったが、病院を出るのが遅くなったので家で懸垂とディップスを行った。

僕もケガをしないように注意しないと

去年始めたシャドウ・オブ・ウォーを漸くクリアしたので、ゼルダを始めた。

www.oricon.co.jp

確かに面白い。しかし、10針縫ったのは気の毒だ。アクションが多いから、しばらくお預けだな。コログ探しくらいならできるかも(笑。

スカイリム、フォールアウト4、ウィッチャー3のように終わるタイミングがわからなくて気が付いたら深夜というよりも、ゼルダはいつの間にか時間がたってしまっている感じ。

しかし、最近仕事がまあまあ忙しいので、やる時間はどうしても後ろにずれ込み、睡眠時間を削ることになる。無為に過ごしたプータローのころの時間をためておいて、今使えないかなとしょーもないことを考えてしまう。

検査のパフォーマンスが落ちないように(今日も空腸のangioectasiaをAPC焼灼し、2時間かけて術後胃のERCPをやったが、何とか無事にこなせた)、特に偶発症だけは起こさないように注意しないと。

 

www.asahi.com

 

このニュースを見て考えさせられた。事前に予期した病態と異なり、術式を変更したとのことだが、それだけならまだ大きな問題とはならなかったと思う。問題は、偶発症が起きてしまい、不幸にも命を落とす事態となってしまったということだ。

直腸脱の手術で命を落とすとは普通考えないので、遺族が納得できないのはよくわかる。通常は洗腸後に行っていると思うので、翌日縫合不全が起こっても、腹膜炎にはならないと思うけど、どういうことなんだろう? 食べさせた? 洗腸なし?

 

僕自身、先日予定していなかったESDを行ったし、過去にもそうしたことはあった。

mfuku4585.hatenablog.com

 

幸い偶発症は起こらなかったが、それはラッキーであって、反省すべきだと考えている。仕切りなおすか、いったん中断して家人に説明するべきであったと思うが、治療を中断してそうするのはなかなか難しいこともある。この人の場合、年末ぎりぎりに転院してきて、ポリープを取ってすぐに再転院が決まっていたため、余計だった(ESDにしたので1日転院を延ばしただけでちょっと責められた)。

 

今日の体重は78.4㎏。昨日、今日とカンファレンスでウナギを食べた。最近吊り輪を買って懸垂を行っているが、なかなか楽しい。

緊急内視鏡×4@日直/謎のトイレ

今日は日直。午前中は落ち付いていたが、午後からが忙しく、緊急内視鏡を4件行い、そのうち3人を入院させた。

まず食道癌患者の食道異物疑い(巻きずしを食べたのがつまったらしい)だが、内視鏡を突っ込んだら何もなかった。よく噛んで食べてと言ったが歯が一本しかなくて入れ歯もないようなので、柔らかいものを食べておいてと言った。

次は食道静脈瘤破裂の既往がある人で、吐血で搬送。EGJのF0 varixからの出血であり、止まってしまうとわからなくなるので、EVLでさっさと止血した。5分かからなかったぞといきりたかったが、自重した。

次は血便で、前処置なしで大腸内視鏡を行った。血まみれのうOこをかき分けて盲腸までたどり着いた。全大腸に血便を認めるが、自然止血しており出血源不明だった。多分大腸憩室出血と思われる。憩室出血はこういうことが多く、挿入時に止血しえたのは体感的には30%に満たない気がする。大体は自然止血してしまっていることが多く、不完全燃焼感が残る。

次も血便で、大腸憩室出血の既往があり、浣腸のみかけてCSをした。またまた血まみれのうOこをかき分けて、盲腸に到達した。

大腸内視鏡は好きだが、うOこは大嫌いだ。自分のでも嫌なのに、いわんや人のものをや。

大事なことなので太字で書きました。

先程の人は小腸には血液がなかったが、この人は小腸にも血液がある。逆流したにしては量が多いので、上部か小腸かと思い、深部挿入したところ、Bauhin弁から2~30cmのところに出血を認め、よく見ると拍動していた。dieulafoy様病変で矢野・山本分類でいうところのtype2aだ。1本何千円もする、はさみ直しができてかつ回転する優秀なクリップをふんだんに使い止血した。緊急DBEかとひやっとしたが、CSが届くところでよかった。

緊急性のないERCPを2件週明けに回し、炎症の高い肛門痛を消化器内科に振ってこられたのを押し返し(アブセスもないのに、炎症と肛門痛を関連付けるのは無理があるわ。肛門痛は摘便で改善してるし)たのに、それでも結構忙しかった。

 

当直や休日などの時間外に手術や処置を行うと加算がつくが、逆にいえば処置を行わないと加算がつかない。今回の内視鏡では2件目と4件目は止血処置をしたので加算がつくが、1、3件目はつかない。

1件目はすぐにおわったので良いが、3件目は1時間近くかかっている。それでも処置をしていないため、加算0だ。適当な憩室にクリッピングして止血しました~といってもよいが、流石にそこまで腐りきることはできない(当たり前か)。

だが、うOこと1時間格闘して、終了後もしばらく手からほんのりうOこの臭いがする(手袋2枚しているが、その程度の防護ではやつらはびくともしない)のに、何の加算もないのはどうかと思う。

前処置をしない大腸内視鏡に対するうOこ加算をぜひぜひ。

‥何回、うOこいうねん。わしは小学生か。

 

汚い話の続きで、うちの病院のトイレ。

f:id:mfuku4585:20180125172355j:plain

‥何を考えて作ったのか、じっくり聞いてみたい。問い詰めたい。どういうシチュエーションで同時に使うねん。息子と同時に小の方ならまだ使えるが、どっちかが大をしだしたら地獄絵図やで、これ。

数年前に移転したが、移転前の病院は老朽化していたけど立派だった。移転場所はより辺鄙な場所になったのに、病院は狭くなった気がする(すぐに建て増ししていた)。動線もあまりよくない。

以前の院長が、某有名大学病院の院長がうちの病院みて立派だと褒めてたわい、がはがはとエレベーターで乗り合わせた時に言っていたが、100%お世辞だと思う。

 

今日の体重は77.5㎏。日直後、ジムに行きトレーニングした。バイキング西村の台湾旅を見ながら書いている。台湾いいわあ、西村おもろいわあ。