読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

バイトの思い出②

今日は朝病院に行き、患者を一人退院させた。その後は穏やかであり、昼は一人であったため、自炊をするためスーパーへ。美味しそうなチーズがあったので、500円もしたが思い切って買った。

実際とっても美味しかったので、チーズ好きの家族のために残しておいたが、夜に冷蔵庫を見たら‥ない。探していたら、嫁が変な臭いがするから捨てたとのこと。 そういうものだし、自分で買ったものもわからなくなるのだろうか。美味しかったのにというと、明日また買ってきますとのことであった。

 

続きを書く。

●工場

大学生時。また懲りずに冷蔵庫の工場(笑。高校の時よりは体力もついており、短期バイトであったため、勤めあげた。しかし、不思議なことにほとんど記憶がなく、行きのバスで隣に座った気の弱そうなお兄ちゃんとなんかしゃべったかな位の記憶しかない。

 

●ビラ配り

大学生時。白浜で行われた拳法部の合宿に行った時、途中で僕の軽自動車のエンジンがブローし、帰りは電車で帰ってきた。白浜は観光地で宿泊料も高く、予定外の電車賃もかかり、大阪までたどり着いた時には一緒に帰ってきた同級生と合わせて100円くらいしかなかった。

これはやばいなということで二人で学相(登録しておけばバイトを紹介してくれる。狭い部屋にびっしりと小さい紙が壁に貼ってあって、気にいったものを取る。ネットで調べてみたらもうないみたい)に行き、バイトを探したうちの一つがこれ。

まったく土地勘のないところに連れて行かれ、一人でマンションや家にビラを入れまくった。孤独耐性はあるほうだが、まあまあきつかった。終了時の夜闇が、まったく知らない場所でもあり、怖かった記憶がある。

 

●皿洗い

上記学相バイト第2段。前も書いたが、海沿いにあるオサレホテルで。担当のお姉さんが美人だった。厨房は暑く、喉がからからになった。一緒に行った同級生の列に皿が大分たまっており、パートのおばちゃんに、はよしいやとブツブツ言われて、わかっとるわとブツブツ切れていた(笑。

外人シェフがパンを持ってきてくれたが、喉にへばりついて窒息しそうだったので食べなかったら、遠慮しないで食べてよとしつこかった。同級生は食べていたが僕は水を貰った。

結構疲弊し、帰りに今度は絶対客としてきてやると誓った。大学6回生の時にセフレとこのホテルに泊った時は勝ったと思ったが(何にだ)、二人とも医師とナースのコスプレをしており、あいたたただった。

合宿の疲れが残ったまま、連ちゃんでバイトをして疲れたこともあり、皿洗い後道場に二人で泊まったが、翌日もう一つ入れていたバイトには二人とも起きることができず、ぶっちした(工場だったと思う)。

 

●ビルの解体

大学生時。がれきを運んだり、壁をつぶしたりした。結構楽しかった。学相バイトとフリーターがくっきりと分かれ(別に揉めたわけではないが、延々車とパチンコの話をしており会話に入れなかった。シルエイティーという単語を初めて聞いた)、学相バイトはその時だけまあまあ仲良くなった。

 

●家庭教師

高校留年の記事に書いたが、あまり好きでなかった。いずれも1回~2回生の時にやったが、それ以降はやらなかった(金がないので、仕方なくまたやろうと思い、管理人に許可を貰って、自宅のマンションに家庭教師やりまっせとビラを貼ったら、おかんに数日ではがされた)。

 

●塾講師

これは厳密にはやっていない。あまりガチなところは嫌だったので、時給1500円と安めのところなら、ゆるく教えられるかと思い応募したら、裏で「医学部来た、医学部来た。」と騒いでいた。面接は合格で、後日連絡しますといわれたが、それっきりだったので、体のいい不採用(笑。

 

●塾のテストの採点

これは非常に楽だった。一緒にやったものと話していたら、一人再受験で関学に入りなおしたものがいた。僕が関学に入ったのも年齢的には3浪で、彼も3浪で関学に入っていたのでおおっと思ったが、今書いてみるとあまりたいしたことではない。

 

●佐川急便の荷物の仕分け

大学生の時。これはかなりしんどくて、初日は食事がのどを通らなかった。最初に指導してくれたお兄ちゃんは細い体型だったが、タフだった。

ベルトコンベアに流れてくる荷物を見て自分のレーン番号の荷物をとるのだが、絨毯や電化製品は腹が立つくらい重かった(笑。厳密には佐川ではなく、出入り業者に雇われていたことになるが、佐川の人に「セイコーだけは投げるなよ。」と何度も言われた。逆に他は投げてもいいということだろうか? 疲れてきたら、パテックやバシュロンならともかく、セイコーくらいでよと乱暴に扱ったこともあった(すいません)。

そのうち体が慣れてきて、逆におなかがよく空くようになった。佐川急便の食堂は安くて非常に美味しかった。

 

もっとやったと思うが、記憶にあるのはこれくらい。

基本的には肉体労働が好きで、労働は汗を流してなんぼやろという気持ちもある。今も外来をするよりは、内視鏡時に放射線防護用のプロテクターを長時間着て、汗だくになった方が仕事したなと思える。

 

今日の体重は77.2㎏。夜にパエリアを作ったが、とても美味しくて食べ過ぎた。

バイトの思い出①

専攻医を終えて大学に戻る後輩がAGAクリニックでバイトをするらしいが、すごく魅力的であった。医師のバイトは割がいいものが多いが、僕は公的病院にしか勤務経験がなくバイトを禁じられているので、他所の病院や診療所に働きに行くというバイトをしたことがない。

うちの病院はおかしくて、研究会で講演をしたり、でかい研究会でプレゼンをして、お金が発生した時は貰ってはだめだというくせに(理由はよくわからない)、研究会の座長や、製薬会社に行ってMRのプレゼンを聞くことで発生するお金は受け取っていいらしい。

研究会の講演は結構準備に時間がかかって大変だったし、高輪プリンスの芸能人が結婚式を挙げるようなバカでかい会場で症例提示した時は、準備も大変なうえ、めちゃくちゃ緊張した。でもお金を貰ってはだめだと。くれるゆうねんからもろといたらええがな(どこかのナマポ芸人ではないが)、残業減らしましょうなんてメール送ってくるくせに。

しかし、製薬会社のMRの話を聞くのなんて、座って適当なこと言って弁当もらって帰るだけだし(1時間くらい。これで数万円もらえる)、ある時は内視鏡用のクリップの介助をして、そのメーカーの人に感想を言うだけで5万円もらった(これも1時間かからず)。僕からすれば、こっちのほうが貰ったらあかんやろうと思うが。

 

やや唐突だが、医師になる前にはいろんなバイトをしたので、思い出を書いてみる。

 

●フォルクス

高校生時。厨房に入ったが、最初は食べ放題のサラダばかり仕込んでいたので、包丁が大分上手になった。その後サイドメニューを作るようになったが、これが結構しんどかった。

駅から1~2分の好立地で、系列の中でも売り上げはトップクラスだったらしく、夕食時はひっきりなしにオーダーが入った。何より厨房は暑い。冬でも汗が止まらなかった。

容器にパイを載せてこんがり焼くキノコスープがあったが、オーブンが足元で見えないため、忙しい時はよく失念して焦がしてやりなおしということがあり、忙しい時に頼まれると殺意がわいた。高1の僕がサイドメニューを作り、高2の先輩がステーキを焼いていた。スタッフは何をしていたのだろう?

表はきれいだったが、裏は汚い(笑。時給560円だったが、多い月は十万位稼いでいた。女性がいたので楽しかった。初めてバレンタインチョコを貰ったのもここでだった。

慣れてくると居心地がよくなり、高校に行くのがめんどくさくなって中退してここに就職しようかと思ったこともあった。しかし、バイクの免許を取りに行くために休んでいたら、ジャンジャン電話がかかってきたので、しんどくなってきていたし、うざくなって辞めた。

今は経営母体が変わってしまい、メニューもぐっと変わった。ステーキハウスだったが、まかないはカレーばかりであった(深夜はステーキを焼いていたらしいが、高校生だったので入れなかった)。

 

●サンヨーの工場

高2だったと思うが、高校の同級生と行った。冷蔵庫の枠を延々運んでいたが、家から遠かったのと、単純にしんどくて1日で辞めた。ブロンズバックラーだ(笑。

 

●海苔屋の特売

大学生時。百貨店の入口に近いスペースで、各店舗持ち回りで特売やイベントを行っていたが、海苔屋がその当番の時だけ臨時で雇われた。その時は海苔がばんばん売れるため、地下の倉庫に待機して上に海苔を運んで行ったり、売り場で補充したり、揉み海苔をつめたり(地味に好きであった)、掃除をしたりしていた。

そんなにしんどくなく、拳法部つながりで行っていたので、皆でだべる時間も結構あった。百貨店の職員食堂を使うこともできたが、大して安くなく美味しくもないし、女子店員が化粧を一斉に直していて、食欲が失せるのであまり利用しなかった。ファミレスの裏も汚かったが、百貨店の裏はもっと汚く、ネズミを見たこともあった(笑。

 

●カメラマンのアシスト

大学生時。カーポートなどの撮影の手伝いをした。仕事内容はほとんど覚えていないが、カメラマンに目の敵にされた。普通に飯を食って、ごちそうさまと言って席を立ったら、その態度はないやろといちゃもんをつけられ、学歴高いやつはこれだからと言われた。

僕が医学部にどんな思いをして入ったか知らない奴にこんなことを言われる筋合いはなく、かっときたが、また卑屈に謝っていた(笑。黒帯は凶器だから手を出すわけに行かんしなと後で負け惜しみ自己正当化をしておいた。

どうせ短期バイトだし、怒鳴りつけて帰るくらいのことはしてもよかったと思うが後の祭りだ。

 

長くなったのでいったん切る。

今日の体重は76.4㎏。最近プラトーになってきた。今日はHIIT、ドラゴンフラッグ、立ちコロ、ブルガリアンスクワットを軽めに行った。 

はや1年

ブログを始めて1年がたった(というメールが来ていた)。飽きっぽいわりによく頑張った。

今日で今年度は終わり。辞める専攻医が2週間休みを取ろうとして部長にブチ切れられ、パワハラ騒動になっていたが、今年度でやめる内視鏡室のナースの中には今日まで働かされている人がいた。来週の月曜日から仕事で、しかもまあまあ遠方なのにかわいそうに。ブラックやわ。

僕自身は研修医→後期研修医は同じ病院であり、休みは当たり前のようにもらえなかった。後期研修医からスタッフになる時も、専攻医やスタッフの補充がなくて人が全く足りなくなるため、結局1日しか休めなかった。次に行く病院(今の病院)が決まったのも2週間前であり、引っ越しの手配が大変だった。

でも、これが正しい姿だとは思わない。有給休暇もほとんど消費していないのだし、次辞める時くらいちょっと長く休みたい。

 

今日の体重は75.6㎏。今日はジムに行ってきた。

 

誤挿入

またライダースを買ってしまったが、今日それが届いた。愛読しているsafariの別注で、一目ぼれしてしまい、前から欲しいなあと思っていた。そう思っている人が多かったのか、どんどん売れて行ってしまい、僕が入りそうな50は売り切れ、48もあと一つとなっていた。

結構長い間悩んでいたが、後悔するくらいならと虎の子のへそくりから買うことにした。ついでにへそくりから夏に行く家族旅行用にと嫁にある程度渡したので、嫁の機嫌も損ねることはなかった(笑。

イャッッホォォォオオォオウ、衝動買い(笑。

 

f:id:mfuku4585:20170330225320j:plain

僕が撮った写真なのでいまいちだが、外人のイケメンモデルが着るとごっついかっこいい。それはモデルがいいからだということは重々わかっているのだが(笑。

 

今日来た医療メールにこんな記事があった。

「20XX年X月、警視庁捜査1課が、大腸の内視鏡検査を受けていた20代の女性の性器に内視鏡を入れたとして、強制わいせつの疑いで東京都OO区の外科医(53)を逮捕し たと報じられた。同課によると、医師は「手元が狂った」と犯意を否認している。

 医師は20XX年X月、勤務先だったOO区の病院で、大腸の内視鏡検査を受けていた当時20代だった都内の女性患者の性器に内視鏡を入れるわいせつな行為をした疑いを持たれている。

 同課によると、医師は立ち会っていた看護師が目を離した間にわいせつな行為に及んだものの、その場で女性から抗議を受け、「手元が狂った」などと説明している。」

このニュース自体は結構前の話で、昔も見たことあった。この医師がわいせつ目的だったのが、事故だったのかはさだかではないが(20代の女性なので、わいせつの可能性は0ではないと思う)、膣への誤挿入は起こりうるし、僕も経験がある。

10年近く前のことだが、後輩が大腸内視鏡の深部挿入ができないとのことでヘルプに呼ばれた。患者は高齢女性で、かなり昔のことで記憶が定かではないが、スコープを変更しようとして一旦抜去した。再度挿入したが、すぐに盲端となってしまい、進むことができなかった。最近はそんなことは全くないが、最初のころは直腸からS状結腸に進むのに難渋することもあったので、それかとも思ったが、しかし最初はもう少し奥まで入っていた。

その時は誤挿入には気づかず(患者も何も言わなかった)、落ち着こうと一旦抜去して再度挿入したところ、深部挿入が可能であった。後で誤挿入してわいせつ罪で逮捕されたというニュース(多分上のニュース)を見て、あの時僕も誤挿入していたのだということに気づいた。それ以降、肛門挿入時は電気をつけたままにして、肛門を見ながら挿入することにしているし、ナースにする講義でもこの話は必ずしている。

僕らの仕事は訴訟と表裏一体なのだと時々怖くなる。幸い、これまで訴訟になったことはないが(B型肝炎訴訟の書類を持ってくる人が最近ちらほらいるが)、医療事故で辛い思いは何度かした。ESD後に限局性腹膜炎をおこした人は快方に向かっているが、これが遅発性穿孔でも起こしたらと恐ろしくなった。

今日の体重は76.6㎏。今日のカンファで出た弁当は、まあまあ重かった(伊勢海老料理中納言の弁当だったが、伊勢海老は入ってなかった)。帰ってきてHIITと肩の筋トレを行った。

医師と名乗るか否か

昨日上行結腸のLSTをESDした人が、本日腹痛、発熱あり。腹部は柔らかく痛みは限局しているので限局性腹膜炎だろうな思ったが、当直医がCTをオーダーした方がいいかもと記載していたので本日オーダーした。

やはり限局性腹膜炎だった。線維化があり、ポケットをうまく作ることができず、少し手古摺ったためだろうか。

 

いつ登録したか定かではないが(ポイント目当てで参加したのかもしれない)、医療系のサイトから結構メールが来る。あまりに多いのである日のメールを数えてみたら、海外の論文や学会からのメールも含めると、30通も来ていた。

医療ニュース、論文投稿しなはれ、学会参加しなはれという誘い(消化器以外のものも結構ある)、求人(年収4000万可能なんて書いてあると、ついつい見てしまう)などなど。興味深いものもあるが、大体はすぐに消すものが多い。

ある医者専用サイトの投稿に、「職場以外で受診する際、医師であることを伝えますか?」という質問があり、返答が書き込まれていたが、結構伝える人が多いのは意外だった。

 

僕は医師であることを明かさない(保険証でばれているかもしれないけど)。理由は色々ある。

まず、医師であることを名乗るとちょっとした質問がしづらくなるということがある。ある程度専門用語を使って話ができるメリットはあるが、自科ならともかく他科(特に内科以外)のことは正直よくわからない。病気を言われても、あー国試で勉強しましたそれ、くらいなものだ(笑。

突発性難聴で耳鼻科に通っていた時も、素人丸出しの質問をしていたし、今通っている歯科でも、親知らず抜いた後、筋トレはいつからしていいですか?としょーもない質問をしていた(病院が配っている病院機能案内とかいう冊子(皆の顔写真が載っている)を見て、旦那さんOO病院で働いているんですねと嫁が言われたので、もうばれてしまっているが)。

別に医師と名乗っても質問してもいいと思うが、あまりにしょーもない質問なので、恥ずかしくて言えなくなってしまう(笑。

 

次に医師側の意見でもあるが、医師の患者は正直やりにくいというのがある。身内に医師がいる人も同様。話が通じやすい反面、自分のこだわりを出してくる人もいる。自科もしくは関わりのある科であればまだしも、あまり関係の無い科でこれをされると困ることもある。

これまでに医師や身内に医師がいる人を診てきたが、なんとなくやりにくいなという意識はどこかにあった。一度、ある患者の息子(医師)が、自分の経歴を延々と話しだした(OO大学を出て、どこに留学してなど)時はどうしようかと思ったし、しょっちゅう電話してくるわりに耳が遠くてほとんど会話にならない患者の息子(医師)が、少しずれた専門用語を使って治療に介入しようとしてくるわりに、こちらが治療選択肢を提示すると、素人ですからよくわかりません、先生決めてくださいと丸投げしてきた時はどないやねんと突っ込みたくなった。

ちょっとずれるが、九十歳を越えた女医さんが入院してきた時、娘たちの仲が悪く、間に挟まれたこともあった(財産争奪戦?)。一人の娘に私にだけ病状説明をしてください、他の娘にはしないでくださいと言われ、太い包みを渡された。すごい勢いだったので、その時は思わず受け取ってしまったが、中身が商品券2,500円だった時はずっこけそうになった(笑。完全に余り物やん。巻き込まれたくないので丁重にお返しした。

医師と名乗ると面倒なんだろうなと思われるのが嫌だから、僕は聞かれない限り、やはり名乗らないだろう。偏見だが、聞かれもせずに仕事を自分から言う人は変わった人が多い気がする(笑。

 

今日の体重は76㎏。HIITと軽めのスクワットを行った。2~3回しか連続してできなかったドラゴンフラッグが、手の位置を変えてみたら肘が痛くなく、5回以上できた。

稲フェス行ってきました。

結局、昨日は病院に泊まった。夜8時過ぎにERに吐血患者が来ており、いつ呼ばれるかと待っていたが、相当バタバタしていたようで、日をまたいでもカルテが全く更新されず。帰るに帰られず、12時前に病院を出てラーメン屋にでも行こうと思っていたが、結局コンビニで済ませた。

酒を飲んで嘔吐を繰り返しているうちに血性のものが混じったという、マロリーワイス症候群(嘔吐で食道と胃の境目が少し裂けた状態)の典型的な経過だったが、言われたら内視鏡せざるを得んなと思っていた’(よっぽど裂けていない限り、見るだけで終わることが多いけど)。

その他にも化学物質の誤飲患者もおり、これも内視鏡を言われるかなと思いつつ(気管への誤飲を誘発するので、すぐにはしない方がいいと答えるつもりだったが)、2時過ぎに当直室へ。いつ呼ばれるかという緊張感と空調のしょぼさで断続的に浅い睡眠しかとれず、日曜日なのに6時に起床した。マロリーワイス疑いの患者は貧血なく、尿素窒素の上昇も認めず、嘔吐も収まっていたとのことで帰されていた。

それ以降も結局呼ばれなかったため、帰宅した。

 

眠かったが、もともと行く予定にしていた稲妻フェスティバルへ家族で向かった。高速を走っていると、ハーレーの集団を結構見た。おそろいの革ジャンを着ている人たちもいた。ハーレーへの憧れはそれほどでもなく(V-ROD欲しかったけど)、ドゥカティや日本車も結構好きだけど、それでもかっこよくて、羨ましかった。

画一的な服を着るのはあまり好きではないが、おそろいの革ジャンのセンスは中々よかった。そういいつつ、高校時代に走り屋の真似事をしていた時に皆でトレーナーを作ったが、一人いた年長者が毛筆体はありふれているので、硬筆体にしようと言い出し、それに従ったら何とも言えないダサいものが出来上がってきたことがあった。

大学の拳法部でもおそろいのスイングトップを作っており、「隙があったらかかってこんかい」とローマ字で書いてあった。拳法部には時々おしゃれな人もいるが、ファッションに無頓着な人の方が多い。お前らも作るかと先輩に言われたが、丁重にお断りした。

 

会場に着いた時にはすでに始まっていたが、車やバイクが大量に止まっており、入場するために長蛇の列ができていた。僕もライダースを着ていったが、ライダースを着ている人は結構いた。ラングリッツのコロンビアを着ていこうかとも思ったが、前も書いたように北斗の拳の雑魚キャラにしか見えないので、BUCOのJ-100にしておいた。

f:id:mfuku4585:20170326224644j:plain

 

お腹空いたと子供たちがうるさいため、入場後まず腹ごしらえをすることにした。唐揚げ、ピザ、佐世保バーガー富士宮焼きそばなどを食べた。今日は寒かったので震えながら食べたが、美味しかった。しかし、全般的に高めで、ペットボトルのお茶やジュースは1本300円もし、どこの山奥なんだとつっこみたくなった。

 

娘たちは滑り台やトランポリンで遊んでいたので、息子と僕は買い物へ。すごい人でリアルマッコイズ、ショット、アビレックスなどの人気のブースはバーゲン会場のようになっていた。今回はジージャンが欲しいなと思っていたが、あまりいいものはなく、マッコイズのアロハシャツ(5000円)、桃太郎ジーンズのシャツ(5000円)、アビレックスのTシャツ(500円)、ホワイツのブーツの皮ひも(1500円?)を買った。

ハーレーの試乗コーナーもあり、大型免許をもっているので試乗することもできたが、バイクには10年以上乗っておらず、エンストしたらダサいなと思い乗らなかった。子供たちが独立するまでは我慢しないといけないので、バイクに乗りたいという気持ちが今再燃しても困るし。ハーレーダビッドソンと書いたタオルをもらい、またがるだけで我慢した。

 

f:id:mfuku4585:20170326225004j:plain

f:id:mfuku4585:20170326224954j:plain

今日は天気がいまいちで、ぽつりぽつりと雨が降ってきたので、昼過ぎに会場を後にした。今年が初参加であったが、また来年も来たいなと思えた。

 

今日の体重は76㎏。今日は寝不足であったので、HIITと腹筋ローラーをするにとどめた。

ポイント稼ぎ

今日は夜のオンコールであり、病院で待機中。今のところ呼ばれていないが、ERに呼ばれそうな患者がいる。結構前に来ているが、全然コールされず。正直、大したことはなさそうで帰せそうだから、早く呼んでほしい。

 

昼間は内科学会の地方会へ。といっても、学会場での滞在時間は数分だけ。内科専門医更新のためのポイントを稼ぐために行った。以前はすぐに帰るのはきまずいかなと思い、しばらく滞在していた。しかし、ぶっちゃけた話、あまり面白い会ではないので、最近はポイント登録したらすぐに帰る。他科の発表はもうよくわからないし、消化器の発表は専門の地方会よりレベルが低い。

消化器病学会や内視鏡学会の地方会は数千円とられるが、内科学会の地方会はただだ。有料にすると誰も来ないからだろう。10年以上前に一度演題を出したことがあり、その時はお金を取られたような気もするが、はっきりとは覚えていない。

そうはいってもまだ関西はましな方だ。昨年、東京の内視鏡学会総会にいったついでに、関東の内科学会地方会にポイント稼ぎに行ったが、発表する部屋がなんと1部屋しかなく(今回関西は6部屋)、部屋も狭かった。関東の方が会員数が多いはずなのに。関東では年に1回の総会がよく行われるため、地方会でポイントを稼ぐ必要がないのだろう(総会は15ポイント、地方会は5ポイント)。

がんばってしこしこ地方会に顔を出したり、セルフトレーニング問題をやった甲斐あり、これで35ポイントたまった。更新には75ポイント必要で、そのうち50ポイントを内科学会関連でとらないといけないが、総会(か生涯教育講演会や内科学の展望といったよくわからない会)の参加が1回必須なので、どこかで総会に行こうとは思っている。それで50ポイントは確定。

残り25ポイントは消化器の学会で余裕でクリアできそうだけど、近場の内科学会地方会に顔を出して、セルフトレーニング問題を毎年やっておけば、残りの25ポイントも内科学会だけで行けそうだ。

しかし専門医制度が変われば、これもまた変わるのだろうか?そもそもこのポイント稼ぎに意味があるのだろうか?

 

筋肉を落とさずに体脂肪を落とすのにいい方法はないかと調べていたら、HIITがよいということを知ったので昨日やってみた。

やったのはこれ。


HIIT(tabata)タバタプロトコルで体脂肪燃焼!4分でダイエット。

 

めちゃくちゃしんどかった。しゃがんで足を延ばした時に腕立てを追加したので、回数は動画より少ないが、最後の方にはへろへろになり、ほとんど飛べなかった。毎日これをやる自信はないけど、ジムに行けない日のうち何回かはこれをやろう。

 

まだ呼ばれない。もうすぐ日が変わりそうだし、今日は病院に泊るか。