読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

子供との対話

今日のバルーン内視鏡のERCPは2件とも、処置完遂できた。他にも普通のバルーン内視鏡もあり、汗をたくさんかいた。

 

今日はカンファレンスの日。個々の患者の検討をした後に、部長が「自分の思うように踊れよ、貴様ら」とばかりに長広舌をふるいだしたので、また始まったよ、長えんだよな、と思いながら聞いていた。

面倒だから自分はしないけど、君たちは頑張ってやってね、そうすれば売り上げが上がるからということを、色々正当化しながら言っていた。テンションは自己循環し、どんどん上がっていった。こうなると誰も止められない。

政治家になればいいのに。まっすぞえの二の舞になりそうだけど(笑。

 

ブラック企業だわ、これはと思いながらも黙って聞いていた。他の皆もほとんど発言せず。カンファが終わって、部屋から出て行こうとしたら、部長に念押しされた。先生が一番頑張ってもらわないと、みたいなことを言われた。へたれの僕は当然バリバリのイエスマン(面従腹背だけど)であるので、は~いと返事をしておいた。

 

今日は雨が降っていたし、疲れていたので、歩かなかった。カンファで弁当を食べたので体重は86.4kgであった。明日はジムへ行こう。

 

子供が塾をやめたいと行ってきた。自分が私立中学に行きたかったが、受けさせてすらもらえなかった話をし、もちろんだらけた自分が悪いが、後で苦労をした話をした。

その上、行きたくなかったら辞めてもいいが、自分で決めなさいと伝えた。遊びたいなら遊んだらいい、私立に行きたくないんなら、公立に行けばいいとも言った(いずれにせよ、ある程度以上の私立にしか行かせるつもりはない)。

小学生に酷だとは思ったが、自分で選んだことには自分で責任をとりなさいというスタンスで話をした。怠惰な方向に流れ続ければ、後で苦労するのは自分だ。そこそこの暮らしがしたければ、どこかで苦労をしなければならないと言ったら、どうせしんどい思いをするなら、今からしていた方がいいということ?と言ってきた。

そうじゃない、今から少しずつ積み上げて、後での苦労を軽減するんだと言ったら、なんとなく伝わったようで、やっぱり塾に行くと言い出した。気がつけば10時半を過ぎていた。

 

ドラえもんが好きで、科学者になってドラえもんを作りたいと言っている。僕でさえ、このころは医者になりたいと親父を見て言ってたので、一抹の寂しさを覚えるが(幼稚園の一瞬だけ医者になると言っていた)、そんな他愛の理由からすごい発明するかも知らんし、好きなことしたらいいわと思っている。

 

自分自身が未成熟であり、子育ては本当に難しい。正解はないのだろうが、最善はあるはずだが、僕の言っていることがそうだという自信を持てない。