読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

胆汁は飲ませた方がいいんだ

今日は外来。総数も予約外も少なかったが、内視鏡で組織診がつかなかった人や急激に腹水がたまってきた人を急きょ呼び寄せたり、某大学病院に治験のため紹介した人が来たり、外科から紹介になった人のキャラが非常に濃かったり、小腸出血を除外するために、内視鏡の説明をした人のキャラも濃かったりと、なかなかバラエティーに富んだ外来であった。

 

先日偶発症をおこした人が、退院後初めて外来に来た。元気そうであったのでよかった。ESDでの穿孔であったが、始まって数分で穿孔をさせてしまった。胃角部のそんなに難しくない病変であったので、油断して雑な処置になっていたことは否めない。黄色い大網が見えていたが、ある程度剥離をしてから閉鎖するつもりで、そのまま丁寧に急いだ。

病変自体は30分ほどでとれたが、CO2送気にしていたとはいえ、とれるころには腹部はパンパンになってしまっていた。数年前に上級医がESD中に穿孔させ、脱気をしているのを見たことがあったが、自分でやることになるとは思ってもいなかった。麻酔をしておなかに針を刺して空気を抜いた。結構な勢いで空気が抜けた。

 

偶発症を起こして申し訳ありませんと謝罪したが、以前も書いたが、入院中もお菓子をもらい、本日もお菓子をもらった。経過は良好であったので、よかったが、猛省あるのみ。

 

今テレビでスーパードクターズという番組をやっていて、胆管癌が取り上げられているが、体外に出した胆汁を飲ませている画面が写っていた。僕も外科の先生に言われて、手術を待っている患者さんに飲んでもらっていたことがあるが、まずいまずいと言う患者さんを宥めながら飲んでもらっていた。

こんなことをしないといけないのかと思ったこともあったが、名古屋大がやっているくらいなら、そうした方がよいんだろう。この領域では名古屋大は有名で、僕も昔患者を送って手術してもらったことがある。

 

今日は5000歩ほど歩いた。体重は86.1㎏プラトーになりつつあるのか。ここを乗り越えないと。今週は研究会での発表や当直があり、なかなか運動ができそうにない。月1㎏はクリアしているので焦る必要はないが、減らないと焦ってしまう。