読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

スカウトレター

今日は外来。先週ほどではないが、おけつは痛かった。50人ほどだったが、ターミナルの人が数人いて、少し滅入る外来であった。

 

昼休みに医局に戻ると、レターボックスに手紙が入っていた。他院からの紹介状はよく来るので、そのたぐいかと思ったが、病院の名前が書いておらず、住所も関西圏ではなく、遠方であった。

なんだこれ?と思って開けてみると、どこそこの病院があなたを欲していますよという、いわゆるスカウトレターであった。

読み進めていくと、先生の評判を伺い、消化器内科の「肝臓部門」強化に力添えをしてほしいと書いてあった。

 

肝臓? なんで?

 

f:id:mfuku4585:20160829231333j:plain

 

一応肝臓専門医は持ってるが、なんちゃって専門医に近く、TACEやRFAも時々はやっているが、本当にやっているという程度で、とても専門家とは言えない。外来で患者さんに「肝臓専門医なんですね」なんて言われると、「一応そうなんですけど、どちらかと言えば消化管がメインで‥。」などと言い訳をしてしまう。

これまで学会発表は30回ほどし、論文は10本ほど書いているが、肝臓がらみのものは一つもない。どうして、肝臓で僕に目を付けたのか? しかも、こんな遠方の病院で。わからん。

肝臓専門医もってて、その病院で浮いてそうなやつをピックアップしたのだろうか?

 

その地域の基幹病院ではあるようだが、縁もゆかりもないし(その県自体、旅行で一度行ったことがあるくらい)、家のローンも笑けてくるくらい残っているので、残念ながらお断りせざるを得ない。

こういう手紙がちょこちょこ来るが、いずれはこういうのに乗っかってもいいかなとは思っている。しかし、もう少し急性期病院でいろんな手技をやりたいなという気持ちも残っている。あと何年できるだろうか。

 

今日は早く病院を出られたので、ジムへ。雨がひどいので、円座を置いて来たら運転中結構痛かった。

おけつの痛みに耐えながら、自転車を1時間ほどこいで軽く筋トレをした。体重は82.5㎏であった。82㎏が壁だな。この壁をブレイクスルーしないと。