読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

アルコールの怖さ

医療

今日は一日内視鏡。上部は10件ほどで、大腸内視鏡は6件行ったが、今日もまあまあ好調で、他院で入らなかった人もいたが、2~6分で全員TCS。

 

先ほどテレビでアルコール依存の番組をやっていた。すべて見たわけではないが、これでアルコールの怖さに気づいてくれるとありがたい。

大腸ポリープや胃のESDで診ていたはずが、いつの間にかアルコール性肝障害がメインになった人が何人かいる。一人はかなり深刻で、先日、家人が何とかやめさせられないかと外来へ相談しにやってきた。

γGTP4桁になるまで飲んでいるため、ここまで飲んでいては、自分でおなかを刺して病院に来ているのと変わらず、通院しても無意味で、説明するから一度家人を外来に連れてくるようにと言っていた。

家人はそんなことは聞いていないが、かなりおかしくなってきているので、何とかしてほしくて来てたまたま来たとのこと。無理矢理でも入院させてほしいと言われたが、さすがにそれは許されることではない。アルコール依存であり、まず家人のみ精神科へ紹介した。

今週僕の外来に来たが、γGTPは100代まで下がっていた。この調子で減らしてくれればいいのだけど。

 

楽しく適度にお酒を飲んでくれればいいが、外来で注意せざるを得ない人が多いこと。今週の外来でも10人ほどは注意した気がする。今年は暑かったから‥と何人も言っていた。響かないのはわかっているが、冷たいお茶飲みましょうねと言っておいた。

 

アルコール飲み過ぎの末路は悲惨だ。20代で肝不全で死んだ人も見たし、食道静脈瘤破裂、アルコール性膵炎、肝癌の人は何人診てきたかわからない。食道癌のESDをする時に、鎮静剤で脱抑制(アルコールをよく飲む人が時々なる)になるため、全身麻酔をかけざるを得なかった人も何人かいた。

アルコールの障害が他の病気と違う点は自分で原因を作っていること。浴びるように酒を飲んでいても、病院に来ればなんとかなると思われても困る。根本的にはできることはなく、禁酒か節酒するしかない。

 

今日も痩せたと言われたが(6人目)、他の人とベクトルが違い、肩幅が狭くなったと言われた。言ってくれたのは若い看護師(男)で、筋トレの話を最近ちょこちょこしていた。彼は、体重を増やしたいらしく、5食食べているとのこと。それでもなかなか増えないらしい。

僕は太ろうと思えば、100㎏くらいまでは多分余裕で太れる(20歳くらいのころはそれくらいあった)ので、そう言ったら羨ましいと言われた。僕は逆に彼が羨ましかった。食べても太らないなんてすばらしい。あー、美味しい漬物でご飯をお代わりして食べたい。

今日の体重は81.9㎏とここ数日横ばい。そろそろ筋トレにも本腰を入れようかと思い、本を買ってきた。実家にウィダートレーニングバイブルがあったはずだから、とりに行こうかとも思っている。