読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

受験生がんばれ

今日は昼間のオンコールであり病院待機。朝、病院に向かう時、車の温度計は1℃であり、ごっつい寒かった。その影響か、幸いコンサルトはなかった。20回以上入院している大腸憩室出血の担当患者さんが、また出血して昨日入院していたので、顔を見に行き、明日の外来後に大腸内視鏡をすることとした。

金曜日には新年会があった。ライダースを着て行ったが、下は半袖のTシャツにベスト型のインナーダウンであったので、最初は脱がずに飲んでいた。そのうち、暑くなってきて(鍋料理だった)、酔っ払ってきたのもあり、もうええわと脱いだところ、いい筋肉~と若いナースに腕や身体をいっぱい触られた。

まだこれからで、腕回り40cmにしたいんやで~と言いながら、でもお金払わんとあかんな~と鼻の下を延ばしていた。二次会では後輩と腕相撲をしたついでに、数人のナースとも腕相撲をしていたが、敢えて勝負をつけず、手を触りたいんやで~と言っていた。

‥‥文章にしただけで、どうしようもないのが伝わってくる。若いころの僕がなりたくなかった酒に呑まれているセクハラおっさんにどっぷりなってしまっているが、その場は楽しくて、鍛えていてよかったと正直思ったし、もっと鍛えようというモチベーションになった(笑。おっさんになって色々適当になり、雑になってきた。

 

 

f:id:mfuku4585:20170115154017j:plain

 

今日はこの寒い中、センター試験が行われており、受験生は本当に大変だったと思う。最後に受けたセンター試験は20年以上前だが、教室が寒かったのをよく覚えている。

色んな試験を受けたが、その中でもセンター試験のプレッシャーはかなり高い方だ。少なくとも医師国家試験や医師になってから受けたどの試験よりも緊張した。医師国家試験や内科認定医の点数はすっかり忘れた(一昨年受けた内科専門医はさすがにある程度覚えている)が、もっと前に受けたセンター試験はいまだに覚えている。それだけ気合の入れ方が違ったのだろう。

それですべてが決まる試験ではないが、悪い点数をとると大学の変更を余儀なくされることもあり、後々色々響いてくる(普通は志望校を決めて、それに沿って勉強しているだろうし)。逆にいい点をとると2次試験の失敗をカバーしてくれる(まさに僕がそうだった)というメリットもある。

しかし、センター試験も2次試験もこんな糞寒い時期にしかできないのだろうか。インフルエンザ流行時期でもあるし。時期変更は秋入学にしないと難しいだろうが、東大が一時そうすると言っていたのもぽしゃったようだし、他との兼ね合いもあるし、やはり難しいのだろう。

せめて受験生全員が、風邪やインフルエンザにならず、実力を発揮できますように。努力してないものは論外だが、努力して積み上げたものが病気で発揮できないのは気の毒すぎる。

 

 今日の体重は76.6㎏。今日はドラゴンフラッグと立ちコロをやり、あと軽くバックエクステンションとブルガリアンスクワットをやった。新年会にも家からデキストリンを持っていき、鍋でもべジファーストにしたおかげか、76㎏代をキープできている。デキストリンを飲み始めてから、IBSの調子もよく、固形便が出ている。