読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

ブーチブーチ2

減量

今日外来にきた80代女性の患者さん。腹痛、嘔吐でER受診し、精査目的で紹介。耳が遠く、若干認知症もある様子だった。旦那さんといろいろ話をしていると、カバンから何かを取り出した。

‥なんと、便がついたパンツであった。便が出ておなかが楽になったと言いたかったらしい。去年行ったセブで、息子がパンツにべっとりとつけたのを見た時は、拭かずにパンツはいたんかいと、思わず大爆笑してしまったが、さすがに今回は笑えず、早々にしまっていただいた。

汚い話ですいません。

 

お腹の写真第二弾。 第一弾は以下。

mfuku4585.hatenablog.com

 

残念ながら10~11月の写真はガラケーがトイレにダイブした際に消えてしまった。SDに移しときゃよかった。

f:id:mfuku4585:20170122215955j:plain

 12月12日 77㎏。上二つの腹筋がうっすら見えてきた。

 

f:id:mfuku4585:20170123223913j:plain

1月11日 77.1㎏。上の写真と体重はほぼ同じだが、ちょっと腹筋がはっきりしてきた。でも下腹のお肉はまだまだある。

 

 

今ではとっても太りやすいが、中3の夏休みまでは太ってなかった。中学3年間は野球に打ち込み‥といいたいが、幽霊部員もいいところで、下から3番目に入るくらい下手くそで、一番さぼっていた(笑。レギュラーどころか、補欠にすらなったことない。

それでも運動になっていたようで、中3の夏休みで部活が終わった後、176cm、65kgだったのが、卒業時には75kgになり、高1で85kgになった。急激に太ったので、皮膚線条(いわゆる妊娠線)がいたるところにでき、若いころの僕は非常に思い悩んでいた(おっさんになるにつれてまったく気にならなくなったが)。

高2でバイクの免許をとり、ますます動かなくなったせいで、どんどん太り20歳ごろには100kg近かった(体重計で見た最高は99kgだが、頻回に計ったわけではないので、どこかで100kg越えていた可能性はある)。このころは体を動かすのが大嫌いで、運動している奴をバカにしていた(バカはいうまでもなく僕なのだが)。

 

最初にダイエットをしようと思ったのは医学部3回生の時。日本拳法は教養の1年半でやめていたが、拳法は無酸素運動が主なので、あまり痩せなかった。しかし、筋肉と体力はある程度付き、運動の素地は出来ていた。

まずはとにかく歩き、食事も節制した。前も書いたが、昼はプロテインと野菜サラダですごし、教室で飲むのは恥ずかしいので、近所の公園に行き、OLと浮浪者と鳩に交じってシェイクしていた。

歩く時間はどんどん伸びていき、4時間を越えたころから、体は疲れていないが、精神的に滅入るようになり、走りだした。筋トレはあまり覚えていないが、自重+ダンベルくらいだったと思う。

1年で95kg→75kgになったが、すぐにリバウンドした。あまり筋トレをしていなかったせいもあると思う。5回生頃にはまた90kgを越えていた。その後、有酸素はしなかったが、筋トレに目覚め、当時の僕には大金である7万円を出してベンチ台を買った。

6回生の頃は国試の勉強が主で、他はトレーニングくらいしかしておらず、週4回3~4時間トレーニングしていた。拳法も辞めて、鍛える目標は特になかったが、ベンチプレスは120kgくらい挙がるようになっていた。

 

次にダイエットをしたのは医師3年目の後期研修医1年目の時であった。くそ忙しかったが、その合間を縫ってジムに通い、食事を節制した。時間がないので歩くことはしなかった。このころは懸垂がマイブームで最初は1回もできなかったが、恥ずかしいのを我慢してぶら下がることから始め(終わった後に首をかしげながら、肩が痛いふりはしていたが)、最終的には10回以上できるようになった。

この時も1年で95kg→73~4kgまで痩せた。激務で痩せたと思われており、少しは仕事で配慮されるかとあえて誤解は解かなかったが、まったく配慮されず、くそ忙しいままだった。

このころは痩せるモチベーションの一環として服を買いまくっていた。学生のころはアメカジ志向であったが、ハイブラ志向(ドルガバ、アルマーニ、グッチ、アレキサンダーマックイーン、マルジェラなどが好きだった)となり、お金は全くたまらなかった。

このころ買った服は、最近痩せて着られるようになったものもあるが、高いだけあって質もよく、いまでも現役なものもたくさんある(というか、もう買えない)。

しばらくはキープしていたが、また徐々に太り始めた。しかし、結婚もしており、最大のモチベーションである「もてたい」が使えなくなった(痩せても太ってもあんまり変わらなかったけど)ため、まーええわと太るに任せていた。時々痩せるスイッチをいれようと頑張ったが、スイッチがどこにあるか分からず、すぐに諦めていた。

 

そして去年5月突然3回目のスイッチが入った。なんでそうなったのかは自分でもよくわからない。1回目の時は毎日の体重をグラフに書き、2回目の時は毎日体の写真を携帯でとっていた。今回はエクセルに記録し、ブログに書くようにした。

記録するのが大事だとはよく言われているが、本当にその通りだと思う。成果が目に見えるとそれがまたモチベーションになる。また、体重計に乗るのも大事だ。太っている時は体重計に乗るのに勇気がいるが、今では毎日何回も計っている。

今回は食事も減らすだけでなく、少し考えており、空腹で辛いなという思いはあまりしていない。今で8か月ほど経過したが、15㎏ほど痩せた。今度こそリバウンドしないようにしよう。

 

今日の体重は75.8㎏。瞬間的なものかもしれないが、75㎏代になったのは何年ぶりだろう。今の病院に来て、今年の4月で10年になるが、その頃は70㎏代後半だったので、10年ぶりかもしれない。まだ下腹に肉はついているので、もう少し落としたい。