読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

息子よ、思ったことをすぐに口に出してはいかん

先日、英語論文の査読依頼が来た。もちつもたれつであり、基本的には受けることにしているので、受けようとは思っているが、最近減量にかまけてそちらには力を入れてなかったこともあり、できるかどうか(笑。英語というのも辛い。投稿論文なら、英文校正に出すが、さすがに査読の文章を校正に出すわけにもいかない。

自分の論文もぼちぼち書こうと思い、文献を読んでいるが、いまいちやる気が出てこない(トレーニングの本はすらすら読めるけど)。同時に二つのスイッチを入れるのは難しいようだ。優秀な人は同時にいろんなスイッチを入れることができるのだろうな。羨ましい。

 

話しは変わるが、ローンを借り換えることにした。これで2回目の借り換えになる。家を買ったのは約8年前で、最初はフラット35と変動を1:1で借りていた。細かい金利は忘れたが、フラット35の利子は2%代後半だったと思う。

それから利子はどんどん下がっていったので、一旦見直そうということで、3~4年前に一度目の借り換えをした。全額変動にする勇気はなく、10年固定にした。利子は大体1.3%だった。

これ以上下がるんかいなと思ってたら、まだまだ下がっていき、1%を切った。そこで、もう一度借り換えを検討し、銀行に相談したところ、切り替えを了承してくれた。10年固定でも0.8%ちょいだったが、今回は変動にすることにした。これでどんどん上がっていったら、おバカだけど、バブルでも来ない限りそれはありえない(はず)。

 

前回、借り換えに行った時に出てきたお茶がすごくしょっぱくて、ぶっちゃけかなりまずかった。まっずいなあ、このお茶と思いながら、言われるがままにハンコをついていたら、後ろで当時幼稚園児だった息子が、

「まっず、このお茶、まっず。」

と連呼しだした。笑いたいが、笑うことができず、力いっぱい太ももをつねりながらハンコを押したが、我慢しきれずプルプル震えてしまった。

次はお茶がまずくても、口に出さないようにと息子にきつく言いつけておいた。

 

今日の体重は75.6㎏。運動終わった後に、着替えながら、鏡を見ると、若干距離がある影響か、腹筋がいい感じに割れてみえ、4パックに見えたので、ずっと鏡を見ながら着替えていた。髪を整えているおっさんと何回か目があったが、気にせずに見ていた。気持ち悪かったろう(笑。

最近、「果てなき渇望」を読んだ。価値観は人の数だけあるため、共感はできないが(CKのパンツのモデルのような体が僕には理想だが、ボディビルダーからすれば貧弱すぎるのだろう)、その筋肉を求める執念には唸らされた。何かを極めようとすれば、突き抜けないといけないのはどの領域でも同じだ。

自分では決してやらないが、でも魅せられてしまった。