読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きよ 堕ちよ

高校留年~プータロー~文系大学~再受験し医師~内視鏡に魅せられ消化器内科へ

当直中に起こされると動悸がしてもう眠れないので、医師の労働について少し考えてみた

一人入院させた後は、電話のみで比較的落ち着いていた。関東より始まるのが1時間遅くていつもは見られないアメトーーク(本当前の番組と時間を逆にしてほしい)を見ていたら、外線が入った(PHSの着信音が違うのですぐにわかる)。

その前に劇症肝炎疑いで転送を打診され(話を聞くとまったく劇症肝炎ではなかったが)、緊急の肝臓移植に対応している施設にまず当たってもらうように言っていたが、一晩に2件の転送かと思いながら電話に出た。

 

細かくは書かないが、ある疾患の患者の息子から(Dr.)で、動揺しているのか、よく話がわからなかった。要約すると、ある病態を疑っているので、見てもらえないか?ということだったが、これまでの治療経過の話から延々し出すので、話がなかなか進まず、行ったり来たりしていた。

電話でいくら話していても埒が明かないので、とにかく受診するように言い、来院方法を聞いたが、自分で連れて行く自信はないなあ、でも救急車を呼ぶと悪いしなあとまた悩みだしたので、とにかく来て下さいといい、電話を切った。

 

電子カルテを見てみると、他科が密接にフォローしており、我々も少し関与はしている。病態によっては我々が見ないといけないが、基本は密接フォローしている科の対応と考えた。

そうは言っても患者が来ると思うと、なかなか寝ようという気にならない。逆立ち腕立て伏せやLシットをして、誰もいないカンファレンスルームで上半身裸になり、鏡を見ていた(笑。

 

3時ごろにコンサルトあり。上記患者はまだ検査中で別件だった。原因不明の腹痛で、炎症反応も上がっておらず、CTも特に異常がない。色んな科に入院を打診したが、断られたとのこと。腹部はやわらかく、自発痛のみで、圧痛、反兆痛なし。

原因がわからない腹痛は消化器内科へなんて、あまりに下品すぎるアセスメントであり、一瞬むかっとしてコンサルトしてきた研修医を問い詰めようとしたが、それまでもすったもんだしたようで(消化器内科へコンサルトが来る前に、どの科も自分たちは違うといい、管理当直にまで話がいっていたらしい)、ただでさえ怖く見えるのに、これ以上研修医に嫌われたくないし、結局経過観察目的で入院させた。ER担当の医師からはすいませんと謝りの電話が来た。

前の当直でもERの医師の都合のいい筋書きに乗せられて一人入院を切ったが、カンファでこれは消化器内科入院か?とちくっと部長に言われた(確かに違った)。今回も言われるのだろうな。しかし、こういうグレーゾーンで他科と闘う気力はもうあまりない。

7時過ぎには医局に朝の早い部長がいたので、いつもは気付かないふりをしているが、今日は先制攻撃で謝っておいたら、あまり何も言われず、すぐに退院だなと言っていた。

 

入院を切ってうとうとしていたら、6時前に外線で依頼された患者のコンサルトあり。1~2時間寝て電話で起こされると動悸がする。心房細動を起こしているのではないかと思ってしまう。

僕らが関与すべき病態は認められないが、最初に受けたのが僕であり、CTを見てほしいと。今日は読影のプロの放射線科の医師も当直しているのに、どうしてそちらにも見てもらわないのか(先程の症例もそうしておらず、僕がコンサルトした)と思いつつ、CTを見た。

前回と大きく変わっていないように見え、我々が関与すべき病態ではないと思われたので、ERの医師にそう伝え、今後の方針のこともあるので、密接フォローしている科に相談するように伝えた。

もう寝られないなと思い、シャワーを浴びた。数日前から背中におできが出来て痛かったが、短時間の睡眠でつぶれてしまい、本日着ていたお気に入りのwjkの白いTシャツに膿と血が付いていた。

‥本当に碌でもない。 

 

先程昨日のカンファレンスで余っていた弁当を朝食代わりに食べていたら、暖かくなった影響か、米の一部が傷んでいた。おかしいな?と思いつつ、結構食べてしまった。冷蔵庫に入れなかったのがまずかったか。

‥やっぱり今日は碌なことがなさそう。まあまあ心のこもった「なんて日だ」が言えそうだ。

 

眠れないので、医師の労働について考えてみた。

www.med.or.jp

一部抜粋する。

「今回の議論で、多くの患者さんや国民から『医師が労働者であるということは違和感がある』との声をたくさん頂いた」として、「この機会に、そもそも医師の雇用を労働基準法で規律することが妥当なのかについても、抜本的に考えていきたい」との考えを示した。
 医師の応招義務については、「『たとえ勤務時間の規制に抵触しようと、目の前の患者を救って欲しい』というのが、多くの国民の思いであり、医療者の思いでもある」と強調。「これらの諸課題を解決するためにも、厚生労働省内に設置予定の検討の場に日医としても参加し、積極的に議論をリードしていきたい」と述べた。

 

確かに、「5時になりましたから、手術は途中ですけど終わります。続きはまた明日やります」というわけにはいかない(以前、他の治療が立て込んで、治療開始が遅くなった患者が、電車は時間通りに来るのに、なんでお前らは治療を予定通り始められへんねんとぶつくさ言ったことがある。こういう人は、上記のように「時間になりましたので、次の患者さんが待ってますから途中ですけど終わりますね。」と言ったら納得するのだろうか?)。

罰則付き上限規制など設けても、根本が変わらなければ、実質働いていても残業の申請だけはするなということになりかねないし、タイムカードだけ押して働くことになるだけだ(今もそういう病院はあるようだけど)。

‥なんにせよ、当直明けは早く帰りたいな。うちの病院では当直は時間外労働となっているが、平日は当直帯の0:00~8:45は入っておらず、当直明けの8:45からが残業になる。0:00~8:45は寝ているとみなされているのだろうか? この間、家と同じように睡眠が確保されるのなら楽だけど、実際呼ばれなくても病院で寝るだけでしんどい。若いころのように月に6~7回の当直なんてもう無理だわ。

 

医師が労働者じゃなければなんなのだろう? 我々がやっているのは労働ではないのだろうか?

いかん、頭が回ってないので、冗長なだけでよくわからん文章になっている。また元気な時にもう一度考えよう。

もう呼ばれませんように。